【令和2年】芦屋市霊園 霊園使用者募集のご案内

所在地兵庫県芦屋市朝日ケ丘町37−17

アクセス・最寄駅阪急神戸線「芦屋川」駅から車で約10分

開門時間8:00〜16:15(7月〜9月は閉門16:45)

墓地形態公営墓地

宗旨宗派宗旨宗派は不問

永代供養墓合葬式墓地が令和三年に開設予定。

令和2年9月18日より芦屋市霊園の使用者募集が開始されます。芦屋市霊園は、芦屋市で唯一の公営墓地です。公営墓地(公営霊園とも呼ばれます)とは、地域自治会が運営している共同のお墓や寺院が運営しているお墓と異なり、市区町村が管理運営している公共的なお墓を指します。その市町村の住民の方だけが墓地区画の申込ができる場合がほとんどです。
芦屋市霊園は敷地が広いため、お墓参りの際は、事前にお墓の場所を確認した上でお参りされる事をおすすめします。芦屋市霊園は海側を向いて高台にあるので、景色がたいへん綺麗で、芦屋市内を一望できます。

令和2年度 芦屋市霊園の墓地申込の流れ

申込受付令和2年9月18日(金)〜10月6日(火)
・郵送のみ、窓口受付はできません。
・最終受付日の消印有効
・芦屋市役所 市民生活部環境課 宛に申込書を郵送。
公開抽選令和2年11月5日(木)午前10時〜
会場:芦屋市役所東館3階 中会議室(参)自由)
抽選結果の通知令和2年11月13日(金)頃
芦屋市のホームページでも抽選結果は確認できます。
使用許可申請令和2年11月24日(火)〜30日(月)
使用料と維持費の納付令和2年12月25日(金)まで
使用許可翌年 2月1日(月)
墓石・巻石建立期限翌々年 1月31日(月)まで
追加使用者募集翌年 1月6日(水)〜 翌年 6月25日(金)
芦屋市霊園の募集案内送付します 画像

令和2年度 芦屋市霊園の墓地使用料について

  • 普通(1.75㎡〜5.7㎡)
  • 使用料:1,312,500円〜4,275,000円
  • 募集区画数:16区画
  • 墓地使用料とは一般的に、墓地代と呼ばれる金額です。普通墓所では、上記の他に6㎡以上の区画も13区画募集されています。年間管理料は別途かかります。
  • 芝生(4.5㎡〜5.25㎡)
  • 使用料:5,062,500円〜5,906,250円
  • 募集区画数:3区画
  • 墓地使用料とは一般的に、墓地代と呼ばれる金額です。年間管理料は別途かかります。
※ 過去5年間で4回以上応募し、そのいずれにも当選されなかった方(補欠当選者及び落選者)は、2区画お申し込みできますので、申込書を2通ご提出ください。

芦屋市霊園の募集案内送付します 画像

令和2年度 芦屋市霊園の墓地申込条件

    1. 芦屋市霊園の墓地使用者申込条件は、下記の(1)~(4)です。
  1. 申込日(令和2年10月6日)を基準日に1年以上(令和元年10月5日)継続して、芦屋市内に住所(住民登録をしていること)を有すること。
  2. 既に、芦屋市霊園の使用許可を受けていないこと。
  3. 使用許可後1年以内に施設の使用設備(墓石、巻石等)を設置できること。
  4. 使用料を納付書発行後、概ね1か月以内(令和2年12月25日まで)に一括納入できること。

※芦屋市霊園に埋蔵する遺骨を持っていない方も申込みできます。ただし、応募者が2名以上の墓地区画については、埋蔵する遺骨を自宅等に持っている方を優先に、抽選が行われます。

令和2年度 芦屋市霊園の墓地申込方法

募集区画の中から「芦屋市霊園使用者申込書」に必要事項を記入・押印し、必要書類を準備して、芦屋市役所 市民生活部環境課へ書類一式を郵送してください。窓口受付は行われません。

芦屋市霊園の募集案内送付します 画像

芦屋市霊園でお墓を建てる場合

芦屋市のお墓でお墓を建てる場合
  • 8寸角標準型石碑
  • 600,000円〜
  • 税抜金額です。お墓の外柵や巻石代は含みません。正面裏面文字や家紋の彫刻、工事据付費用込みの金額です。上記は中国産石材を使用した場合で、石の種類によって金額は変わります。

芦屋市霊園で納骨や文字彫りをする場合

芦屋市のお墓で納骨や文字彫りをする場合

芦屋市霊園でお墓じまいをする場合

芦屋市のお墓でお墓じまいをする場合

芦屋市霊園のお墓に関するご相談は

  • お墓に関するご相談は
  • 0120-841-900
  • 芦屋霊園ガイドでは、芦屋市内でほかにもご紹介できる霊園墓地・お墓・永代供養がございます。また、芦屋市に限らず神戸市や西宮市などのお墓もご紹介しますので、お気軽にご相談ください。